私たちが提供する、加飾技術のバリエーション

塩化ビニールの軟質フィルムやシートに対して装飾を施す表面加工には、箔押し、空押し、そしてその双方といった手法があります。 私たち大比良工業には、この専門分野に集中したからこそ培われた技術パフォーマンスがあるのです。 さらに、溶着・溶断の技術を駆使した製品加工まで、様々なニーズに対応します。

箔押

素材に箔を施す表面加工。文字や図形以外にも写真の表現も可能。出版物や文具、グッズなど幅広く活用されています。

高周波箔押

空押しによるエンボスと箔押しによる箔を同時に施す表面加工。素材と一体となって、存在感のある格調高い表現となります。

製品加工

精度の高い溶着(シール)・溶断(カット)により製品として美しく仕上げるとともに、ポケットの付加などアイデアを生かした製品加工も可能としています。

高周波空押

素材にエンボスを施す表面加工。素材のもつ風合いとあいまって、デザインされたエンボスが独特の陰影を醸し出します。

D-Emboss(ディー・エンボス)

空押しを応用した大比良工業独自のユニークな表面加工技術「ディー・エンボス」は、視覚と触感にアピールする新しいタイプの汎用カバー素材です。

 


お気軽にお問い合わせください。03-3985-5711受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]